おにぎりダイエットの評判とレビュー

シャ乱Qのリーダーで歌手のつんくさんが提唱し、彼の知人の放送作家が実践して話題となった「おにぎりダイエット」。

ダイエットの様子をブログで紹介し、ナント、1ヶ月で9kgもの減量に成功したというから驚きですね。

そして、つんくさん自身も3kgの減量に成功しているということです。

よく炭水化物を抜くダイエット法は耳にしますのでおにぎりというと何となく太りそうなイメージですね。

おにぎりダイエットの方法はいたってシンプルであり、1日3食の主食をおにぎりにするだけです。

具は梅干や昆布がおすすめで、朝は1個、昼は3個、夜は1~2個が基本です。

明太子やツナマヨなどを入れたいのはわかりますが、そこはグッと我慢しましょう。

どうしても他の具を入れたいという場合には、鮭やおかかなら1日2個まではOKだということです。

ただし、おにぎりはコンビニで買ったものではなく、必ず自分で握ったものにしましょう。

そして、おにぎりと一緒に野菜をできるだけたくさん食べるのが必須条件です。

野菜は生でも茹でてもOKですので食べやすいものを選びましょう。

マヨネーズやドレッシングはNGですので、何かかけるのであれば、ポン酢がおすすめです。

さらに水分は十分に摂りたいところですが、水でもいいですし、味噌汁にしてもいいですね。

ただし、具は野菜にするのが鉄則です。

日本人の主食であるお米を中心にして、野菜もたっぷりと摂るおにぎりダイエットは、必然的にカロリーが抑えられ、ダイエットにつながるというわけです。

食べるのをがまんするダイエットは長続きしませんが、これならご飯を食べられるので満足感が味わえるのでストレスもたまりません。

しかも、おにぎりは持ち運びやすく、食べやすいので、OLなど会社で食べるときにもダイエットしていることを知られることなく続けられるというメリットもあります。

また、炭水化物を抜くと脳の働きが鈍くなりますが、おにぎりダイエットではその心配も全くありません。


■管理人の口コミ■
おにぎりダイエットは、日本人なら誰でも手軽に取り組めます。
しかし、3食がおにぎりなのはやはり飽きる・・・。
というわけで、あまりお勧めではありません。

やはり、1日のうち、1食だけ置き換えるなどのほうが楽だと思います。

 


このページの先頭へ