寒天ダイエットの評判とレビュー

寒天はノンカロリーでありながら、食物繊維の多さでは、他の食材を寄せ付けないほど群を抜いています。それは、食物繊維そのものといってもいいほどの含有量です。

寒天ダイエットは、以前テレビで紹介され、その驚くべき結果から一時期、スーパーから寒天がなくなり、製造元でも出荷がおいつかない状態が続いたほどです。

寒天はテングサと呼ばれる海草から作られるのですが、食物繊維が多く、保水力が高いのが特徴です。

最近ではすっかりブームも治まり、普通にスーパーでも手に入りますので寒天ダイエットを始めるチャンスかもしれません。

寒天の食物繊維は、水溶性の食物繊維と非水溶性の食物繊維の2種類になります。

水溶性の食物繊維は胃の中でドロドロのゲル状になり、老廃物を吸着してくれますので食物の吸収や血糖の上昇を抑えてくれます。

また、非水溶性の食物繊維は腸内の水分を吸収し、便の体積を増やして腸内の活動を活性化してくれます。

この両者の働きによって、腸内環境が改善され、便秘が解消できるというわけです。

寒天ダイエットの進め方としては、1日1食を寒天に置き換えるか、食前に寒天を食べて、食事量をコントロールするという方法がおすすめです。

ただし、寒天はそのままではいただけませんので、煮て溶かし、固める必要があります。

簡単にゼリー状に固まりますのでそれほど面倒ではありませんが、粉末の寒天もありますので上手に利用するといいですね。

寒天を固めるときに砂糖を控えて、その分フルーツを入れてもおいしいですよ。

みかんやりんごなどのほかにトマトも人気があるようです。

また、溶かして固まるまで待てない人や忙しい人なら、粉末の寒天をお味噌汁やスープ、コーヒーなどに入れて飲むのもいいでしょう。

ただし、寒天は体の水分を吸い取ってしまいますので、一度にたくさん食べるはおすすめできません。

極端な摂取はビタミンやミネラルのバランスを崩してしまいますので注意しましよう。

■管理人の口コミ■
寒天ダイエットですが、寒天は調理をするのが面倒くさいこと、また、体を冷やしてしまうということ、これらの2点から、あまりおすすめではありません。


 


このページの先頭へ