毒だし脂肪燃焼スープダイエットの評判とレビュー

食べれば食べるほど痩せられる夢のようなダイエット法をご存知でしょうか。
その名も「毒だし脂肪燃焼スープダイエット」。

何とも大げさな名前ですが、実はこのダイエット法は、お腹いっぱい食べられるのはもちろん、体の中からキレイになり、代謝をアップして痩せやすい体を手に入れることができるのです。

スープなんて作るのが面倒なのでは?と思いがちですが、

この脂肪燃焼スープはとても簡単に作れるので、多くのモデルや女優も実践しています。

脂肪燃焼スープの基本となる具は、キャベツ、たまねぎ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類。

これらを細かく切って、昆布、かつお節、鶏がらで煮込み、最後に塩としょうがで味付けするだけです。

時間にしてもほんの10分程度で完成できますよ。

なぜ、このスープで毒だしができるのかといいますと、たっぷりの野菜と昆布が入ったこの脂肪燃焼スープには、大量の食物繊維が含まれているからです。

その食物繊維が腸を刺激することで、排便を強力にバックアップしてくれるのです。

腸の中に長時間溜まっている便は、体に有害な毒素を発生し、代謝を妨げてしまいます。

ですから、それらを食物繊維と一緒に排出することで腸内がキレイになり、血液や全身の細胞が活性化するというわけです。

つまり、食べれば食べるほど体内環境がよくなるスープなのです。

一般的にダイエットでは、体力が落ちたり、体調が悪くなることが多いのですが、この野菜の栄養たっぷりの脂肪燃焼スープならそんな心配はありませんよ。

また、長く続けることで体質が改善され、免疫力がアップして、病気になりにくい体づくりも同時にできます。

実は、このスープに入っている具材はすべてアメリカ国立ガン研究所が発表したがん予防の食材と一致しているというから納得ですね。

毒だし脂肪燃焼ダイエットの方法は、夕食をこのスープに置き換えるだけなのですが、他のダイエットと違うところは、お腹がいっぱいになるまで思いっきり食べてもOKだというところです。

最初はお腹が空くかもしれませんが、その場合は、夕食前に1杯食べて、お腹を膨らませてから、夕食を軽くいただくのがおすすめです。

数日で驚くほどお通じがよくなるはずです。

■管理人の口コミ■
毒だし脂肪燃焼スープダイエットですが、ダイエットの効果自体はなかなかあるんじゃないか?と思います。
しかし、
・「やはりつくるのが面倒くさい」
・「結構お腹を下しやすくなる」
などの難点も抱えているので、実施には注意が必要なのでは?と思いました。

 




このページの先頭へ